過度なダイエットが身体に与える影響

ダイエットとは本来、余分な食事やカロリーを摂取しないという意味があります。
先進国ではカロリー過剰摂取の傾向にあり、ダイエットを行うことは健康維持に不可欠と言われています。

ダイエットは人間が本来必要なカロリーや栄養を摂取するという意図で行うものです。
なので人の身体に必要な栄養やカロリーを下回ることを実践することはダイエットとは呼べません。
多くの人がダイエットを掲げた際、食事制限を行ってしまいます。
食事制限により栄養やカロリーの摂取が基準より下回ってしまうと、身体機能の低下が見られます。
また、それを続けることにより身体的障害を発症する可能性もあります。
食事制限は必要以下の食事を行うことではないということを認識する必要があります。

無理なダイエットを続けると、リバウドしやすい身体になってしまいます。
リバウンドしてしまうとダイエットを始めた前よりも体重よりも増えてしまう事も多いです。
リバウンドの主な原因は、そのダイエット方法が継続できないことが挙げられます。
身体は栄養が必要不可欠ですが、それを制限してしまうと栄養に飢えた状態になります。
そうなると、身体は極力多く栄養を摂取しようと働きます。
そこに大量の食事をしてしまうので、大量の食事から大量の栄養を摂取してしまい太ってしまいます。
ダイエットを継続させるには、自分にとって負担にならない程度の制約である必要があります。
無理のないダイエットの継続が地道なようで効率的だと言えます。

また、ダイエットの考え方として大事なのが、体重を落とす事よりも増やさないことに重きを置くことです。
1週間前と比較して体重が増えていないということは、現状維持か減量に成功しているということです。
短期で考えるのではなく、半年後や1年後という長期間のスケジュールで進めていきましょう。
食べたいものがあるなら食べて、運動をしているなら休んでというメリハリも大切です。