ゼニカルを服用しても痩せない原因とは?

ご飯とパン

ゼニカルは食事の脂肪分を30%カットしてくれる効果があります。
肥満治療薬として多くの人に愛用されていますが、中には効き目が無い人もいます。
あくまでも摂取した脂質の30%をカットするだけなので、完全に脂肪を摂取しなくなるわけではありません。
なので大量の食事をしてしまうと、ゼニカルの効果を上回ってしまい体重が増えてしまいます。
それでもゼニカルを服用することで太るペースを遅くすることはできます。
健康的な食生活をしていなければ、ゼニカルを服用していても痩せないこともあります。

ゼニカルはあくまで摂取した分の脂肪に効果があります。
もともと身体についてしまった皮下脂肪には効果がありません。
少し太り気味くらいの人がゼニカルを服用する際には、効果を疑問視することはありません。
しかし、BMI数値が高い方はゼニカルを服用するだけでは減量効果は体感しにくいかもしれません。
ゼニカルには脂肪を燃焼させる効果はありません。
BMI数値が高い方はゼニカルとあわせて運動や食事などの療法を試す必要があります。

また、食事が炭水化物メインになっている人はゼニカルの効果を体感できない可能性があります。
ゼニカルの効果が働くのは脂肪分だけなので、ごはんやパンの炭水化物や糖分が多い食事だと意味がありません。
ゼニカルを服用する場合は、メインをお肉や魚にしてごはんの量を減らすなどの工夫が必要になります。
工夫するだけでゼニカルの効果を体感できるようになるので、服用を止める前に見直してみましょう。

ゼニカルのダイエット効果が期待できるのは、飲み始めてから2週間前後だとされています。
体重の変化には個人差がありますが、多くの人が効果を体感できる治療薬です。
食べ過ぎたと思った時にのみ飲んでも十分効果が得られるので試してみましょう。