ゼニカルを服用してはいけないのはこんな人!

妊婦

ゼニカルはダイエット薬として選択され、アメリカ食品医薬品局で認可され安全面が保障されています。
日本でもメディアに取り上げられることもあり注目されています。
しかし、中にはゼニカルの服用を禁止されている人がいます。

まず挙げられるのが年齢制限です。
基本的には未成年または65歳以上の高齢者の方はゼニカルを服用することはできません。
また、妊婦さんや授乳中の方の服用も禁止されています。
これはゼニカルが胎児に何かしらの影響を与えると考えられているからです。
確実に影響を与えるわけではありませんが、控えることを推奨されています。
妊娠中に太ってしまい、妊娠前の体型に戻るためにゼニカルを服用する方もいます。
これは奇形の可能性もあるので絶対に避けましょう。

次に挙げられるのが肝臓や腎臓に障害や疾患を抱えている方です。
ゼニカルを服用することで症状が悪化する可能性があるので控えましょう。
他にもゼニカルにアレルギーがある方や、栄養素の吸収力が弱い体質の人もゼニカルの服用を避けましょう。

ゼニカルは本来BMIが30以上の肥満者を対象に処方されている治療薬です。
日本でも個人輸入などを利用することで個人で入手うすることは可能です。
それでも基本的に病院に行って医師に診察してもらうものです。
医師の判断ではなく個人で治療薬を服用すると、万が一の事態に対応することができない可能性があります。

ゼニカルのみを服用したダイエット方法は確かに効果を体感できます。
しかし、それよりも食生活の見直しや運動によるダイエットと併用した方が効果は増加します。
特に運動は体内の脂肪を燃やす効果を期待できるので、ダイエットには非常に効果的です。
簡単な運動でも効果を体感できるので、無理のない程度のものから始めてみましょう。