簡単に痩せたいというのは誰もが望むことですが、その方法はなかなか見つかりません。
無理なダイエットを続けることは、美容や健康に良くありません。
体型の維持は日々の努力の結果なので、無理なダイエットを続けてしまうと身体を壊してしまいます。
そんなことをしていると、いつかダイエットに対するモチベーションは下がってしまいます。

ダイエット効果をお手軽に体感できる方法として、ダイエット薬を服用するという方法があります。
特にオススメするのがゼニカルと呼ばれる薬です。
ゼニカルは体内の脂肪の吸収を阻害する効果があります。
これにより脂肪の吸収を抑えられるので、ダイエット効果が期待できます。
脂っこい食を食べる前に飲んでおくことで、脂肪の吸収を大幅にカットしてくれます。

ゼニカルにはオーリスタットと呼ばれる成分が含まれています。
オーリスタットは体内が脂肪を吸収しようとするリパーゼの働きを阻害する効果があります。
オーリスタットはスイスの大手製薬会社が開発したもので、アメリカ食品医薬品局でも承認されています。

安全性も保障されているので、ゼニカルはアメリカでも人気が高いダイエット薬になります。
食事制限をしなくてもダイエットができるため、体型の維持を目的としてモデルや女優も使用しています。
最近では日本人の利用者も増えてきています。

ゼニカルを購入する方法は美容外科で処方してもらうか、個人輸入を利用するかが一般的になります。
日本では承認されていないので、ゼニカルを薬局を購入することはできません。
美容外科などで処方してもらう場合は、未承認な医薬品なので保険が適応されないので注意が必要です。
個人輸入の場合はインターネットを利用して個人輸入代行業者を利用するのが一般的になります。
こちらで購入する場合は安く購入することが可能ですが、偽造品が出回っている情報もあるので慎重な購入が求められます。

ゼニカルを服用するとどの程度痩せられるのか?

ゼニカルは脂肪の吸収を抑える効果から、肥満治療薬として使用されます。
今までと同じ食事をしても脂肪の吸収を減らすことで、痩せる事が可能です。

通常では食事をして脂肪分が胃に入ると、胃の中でリパーゼと呼ばれる酵素が働きます。
リパーゼの作用で胃に入った脂肪分のほとんどが体内に吸収されていまいます。
リパーゼが働いてはじめて吸収されるので、リパーゼが働かなければ脂肪分は肉体に吸収されることはありません。

ゼニカルには、このリパーゼの働きを抑制する効果があります。
ゼニカルがリパーゼの働きを抑制することで、胃に入った脂肪分の吸収を約30%抑えてくれます。
また、食事制限をする必要がないのでリバウンドしにくいという特徴もあります。
食べても脂肪分を吸収しないので、カロリー摂取量が減り徐々に体重が落ちていきます。

脂肪分の吸収を30%抑えると言われてもイマイチわかりにくい人もいるかもしれません。
栄養素の中でも脂質のカロリーは群を抜いて高く、燃焼しにくい性質を持ちます。
炭水化物やたんぱく質と比較すると、脂質はそれらの2倍以上のカロリーを含んでいます。
日々の食生活の中で脂質を含まない食事を摂ることはほぼ不可能です。
成人男性が1日に必要な摂取カロリーの目安は2500kcal前後とされています。

食事の内容にもよりますが、仮に100gの脂質を1日に摂取した場合、脂質だけで900kcal摂取したことになります。
それを1か月続けた場合、1か月の脂質のみのカロリーは27000kcalになります。
そこから30%カットした場合、8100kcalも軽減していることがわかります。
このカロリーをゼニカルを飲むだけで抑える事ができると考えると効果がわかりやすいと思います。

ゼニカルを使用する際の注意点

ゼニカルは肥満治療薬として注目されています。
脂っこい食事を摂ってしまった際に脂肪分が体内に吸収されるのを抑えてそのまま排出してくれます。
アメリカ食品医薬品局で認可されているので安全面がしっかりと確証されている治療薬です。

ゼニカルを服用すると胃腸の膨満感をはじめ、軟便や下痢などの症状が現れやすくなります。
注意点として、ゼニカルを服用した時のオナラには気を付けましょう。
ゼニカルの効果によって消化されていない脂肪分がそのままオナラとして出てくる可能性があります。
これが原因で外出中に下着を汚してしまうこともあります。
ゼニカルを服用する際は、替えの下着を持ち歩くと、非常事態に備えることができます。

また、ゼニカルを服用すると脂溶性ビタミンが脂質と一緒に排出されることもあります。
本来摂取されるはずだった栄養素も一緒に出してしまうので、普段より多く摂取する必要があります。
食事で補うのが難しい場合は、ビタミン類のサプリメントなどで補う事も可能です。
脂溶性ビタミンを含んでいる食品は意外と多いので、一度調べてみましょう。